2023年01月25日

帰国しました1月25日より通常営業、英仏伊出張帰国後諸々ブランドオーダー受付中。イタリア編その1

E0FCA7FC-3D6F-4791-85D5-B47CE6A0815Agergerger.JPG
久しぶり海外出張、とりあえずまた
机上で商売する人たちと
違って歩いて掘ってまさに男塾。
それでも癖で苦にならないのは
知らない商品、世界を知りたいからでしょう。
まずはフィレンツェ開催見本市PITTI UMOと
その周囲トスカーナ工房行脚
IMG_0239getgetge.jpg

御時勢なのか、前みたいに
戦略なのか写真意識して
不自然かっこで
代理店の飲食接待うけて、
お酒飲んでイタ料理食べて、
またSNSして、
外人と写真撮って、
日本でオーダー出来そうな
IMG_032748.jpg

代理店ブランドみてまわってみたいな、
観光に見える日本業者も
減ったな〜
周囲工房まわりはさすが世界的に確かな技術と
感性が凝縮してる素晴らしい人たちが多いので楽しい。
IMG_0336tt45t45t4.jpg

まずはSARTORIA FRANCESCO GUIDAの工房、
朝5時起床で電車に
揺られて歩いて早朝工房到着。
積み上げられた変態FABRICチョイスで歓喜。
いろんな国の人が弟子入りして頑張ってる〜清い〜
夢追いかける人たちまっすぐで美しい合掌。
心臓病患いながら生産に
IMG_0205yy4545.jpg

向き合う姿はまさに神々しい
巨匠サルトリア セミナーラ御大に
店用の製品オーダーしに伺う。
工房も美術館のような建物と内装で
会うとわかるこの人の豊かな感性と
IMG_0214ttuktud.jpg

まじめでストイックな人柄、
沈んだ華やかさと削いだ
シンプルな佇まい緊張が
匠の積み重ねられた何らかの凄みを感じます。
ほとんど知られてないトスカーナの
ホレスティエールともいうべき
IMG_0633hethtehtehte.jpg

オールドモデル復刻依頼、
生きてるうちに購入されたしこれは
講釈系の縫いがどうのこうのではなく本能で感じる
まさに美術品。
工房まわりの途中、来年ぐらいに高齢で
店をたたむという老舗名店に伺う、
IMG_0626hethetheta.jpg

圧縮陳列とごちゃごちゃした圧巻のDISPLAY,
棚に積み上げられたWILLIAM LOCKIEや
吊られたシュナイダー、クリサリス、
ローデンフライがこれまた神々しい。
ジャケット、コートのドレス類は
ハーフハンドでオリジナル〜。
こういう店見て私も頑張らんといかん、
日本でこういう服好きが喜ぶ素敵な
いい店がなくなってしまいます。
フィレンツェで名物といえば
羊飼い系の毛玉生地カセンティーノ。
カセンティーノのコートがアイコンと
言われるこれまた匠ベストルッチ伺う。
IMG_0580grgreger.jpg

完全にヴェストルッチ本人は引退してるものの
スタイルは継承しつつトータルブランドとして
アップデート、長ポロ、パンツそして
アイコンのカセンティーノコートが素晴らしい。
また同グループのステファノベーメルも
個性放つ素晴らしい出来、
日本では過去の百貨店イメージがよくないですが、
やはり奥深く、ベーメル世界観の沼が広がってます、特に
AUBERCYやガジアーノやコルテのように最近一周してこういう
フォルムの靴に妙に惹かれます、
IMG_0606gerhwgrwg.jpg

日本ではシュッとしたフォルムの靴はサラリーマンの
イケイケのイメージであまりかもしれませんが
洋服の合わせでは特に最近はまります!
人柄と独特なフィレンツェ彫りが素敵なランファ―二に伺い、
あれこれ製品みて注文、好き嫌いは
ありますがこの感性もまさにトスカーナ。
フィレンツェ中心部のホテルで商品持ってきてるブランドに伺う。
久しぶりな私と同い年スペイン老舗
USTO GIMENOの現当主と再会、
相変わらず体が大きく温厚で優しい人柄がジェントルマン。
アイコンTEBA JACKETのオールドモデルの復刻と
彼がOEMである某パリ名店と同モデルを
依頼乞うご期待。
コロナで亡くなったダルクオーレを継ぐ娘夫婦が仕切る
新生ダルクオーレに高級そうなホテルの
スイートで打ち合わせに伺う、
古代神殿のような豪華なゴリゴリのダブルベットが
洋服サンプルを押しのけて部屋中央に鎮座、
ここでアントニオちゃんのいない時間は
イタリア人の激しい夫婦の営みが行われるのかと
想像するだけで改めて
ダルクオーレの官能的色気と抜け感の
バランス具合が好きになりました、
出来そうで出来ない不思議な洋服。
ダルクオーレのあの何ともいえないフワフワ〜〜
嗚呼〜〜〜とした着心地と
支える身ごろのフィット具合がやはり素晴らしい、
縫製はあいかわらず汚いけれど
ダルクオーレしかできない個性は
美しいフォルムと官能エンジンに似て
すぐ壊れるイタリア車みたいでまさに魔性服。
今回はダサかっこいい本来モデルを
特別に復刻してくれるそうで感謝合掌です。
次に同じ豪華ホテルの片隅で
最近好評のSARTORIA FRANCESCO GUIDAの
ニットを作ってるトスカーナの某実力派ニット工房展示会に行く。
イタリアの小さい工房特有のいい加減さと偏屈具合と製品のムラ、
ミスが多いのがグィダも腹立つそうですが
ミラクル的素晴らしい製品を生み出すので
これまたすぐ壊れるイタリア車のようなものだと
納得いかない自分に言い聞かせながら
製品説明を聞く、こういうややこしい偏屈爺さんの工房系は
イタリア人同士で揉めて話つめて
作った渾身ものが特に素晴らしい〜もうすぐSARTORIA FRANCESCO GUIDA別注綿ニットも納品予定!
IMG_0209jjyjy.jpg






posted by アントニオヨウフクテン at 11:30| 日記

2023年01月04日

明けましておめでとうございますBOX入りSARTOROA FRANCESCO GUIDA×MAZZOLENIカピバラ手袋入荷。4日から通常営業、9日から23日まで海外出張のためお休みさせていただきます。通販は通常どうり出荷します。

roofyjsjtytk.jpg
新年あけましておめでとうございます。

**新春1月4日より通常営業です。**
尚、
1月9日月曜日から24日火曜日まで海外出張のため
実店舗はお休みさせていただきますが
通販は通常どうり営業出荷させていただきます。
御迷惑おかけいたしますが
宜しくお願い致します。

久しぶりの海外出張は
また拷問の伊英仏の三各行脚で商品掘ってきます。
今回は特に潰れそうだったり、質が悪くなって
購入できなくなりそうな老舗ブランド、
P1360925.JPG
P1360955 (1).JPG

鼻が利くお客さんのみに伝わりそうな
日本未発売もホンモノを仕入れたい思います。
出張前の忙しい準備も関わらず
いきなり新春入荷は
伊MAZZOLENI×SARTORIA FRANCESCO GUIDAのコラボのカピバラ手袋。
甲の部分のダーツが4本線なCLASSICな
仕様でシェイプもかっこよく
カピバラの表情がまさにトスカーナの
泥臭い服にもよく合います。
P1360909.JPG
P1360954.JPG

ライニングは勿論カシミヤ仕様で黒と焦げ茶二色展開。
2月の極寒もこれで乗り切れるでしょう。
1月も注目の高級ペン類、英国アウターもの、
またいろいろ入荷予定、
出張で何か新しい商品持ち帰ります。
こうご期待くださいませ。
出張中の通販商品質問等はインスタではなく
店舗メールへ宜しくお願い致します。
今年も宜しくお願い致します。








posted by アントニオヨウフクテン at 12:31| 日記

2022年12月28日

年末最終入荷 ダルクオーレコート到着、SARTORIAFRANCESCO GUIDAのカピバラ手袋1月4日入荷予定年内31日夕方まで営業、年始営業4日から開始。 また年始9日より24日火曜日まで 海外出張のためお休みさせていただきます。

190611_1_8trjsjrrtj.jpg
今年は最後まで納品続きます、
これが最終便ダルクオーレのホーランド地の
とろみとウエイトあるカシミヤ混コート到着。
フェリーニの映画みたいな
ダサカッコいいサイジングと
抜けた優雅さに加えて生地の。
入荷してたのにご紹介画像わすれてた
SARTORIA FRANCESCO GUIDAの
某トスカーナジャンドニット工房の
羊飼いJKTはカシミヤ8PLYで入荷
P1360824.JPG
P1360864.JPG

トスカーナつながりでやはりカセンティーノの襟裏、
エルボーがどんくさくて素朴で
かっこいい。ついでに糸屋も
トスカーナ産カシミヤなので
相性ウルトラよし。
通常はカセンティーノの
掟どうりオレンジとグリーンが
P1360817.JPG
P1360863.JPG
P1360811.JPG

装着させるところをさすが
グィダで日本人の
マインドがお分かりかBPDYと
馴染ませるようにトーントーン。
襟の付け方、縫い方あらゆる意味で
こういうハンドニットは絶滅機種。
高齢化もあるので購入
できるうちに購入されたし。


P1360882.JPG
P1360878.JPG

良さとあいまって素晴らしい出来栄え、
チャコールグレーのヘリンボーン柄
なのでデザイナーズ風にも遊べます。

*********
年内31日夕方まで営業、年始営業4日から開始。
また年始9日より24日火曜日まで
海外出張のためお休みさせていただきます。
修理、クリーニング、
オイル塗等はお早めにお願い致します。

今年も大変有難うございました。
心から御礼申し上げます。
posted by アントニオヨウフクテン at 14:39| 日記